menu

皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科・アレルギー科 医療法人 菊池クリニック

お気軽にご相談ください0868-72-5858

美容皮膚科

自由診療

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴療法とは
抗酸化作用

ストレスや疲れ、紫外線などの刺激により体の中に活性酸素という酸化物質が生じます。この活性酸素は細胞を傷つけ、様々な病気(ガン、糖尿病、心筋梗塞など)の一因になると考えられています。抗酸化作用により体の酸化を防ぎます。

美白、ハリ、弾力

メラニンを抑制し、コラーゲン産生を助けて輝く肌を作ります。

疲労回復、免疫力向上

ストレスや疲れ、紫外線などの刺激により体の中に活性酸素という酸化物質が生じます。この活性酸素は細胞を傷つけ、様々な病気(ガン、糖尿病、心筋梗塞など)の一因になると考えられています。抗酸化作用により体の酸化を防ぎます。

ガン予防、抗ガン剤効果の向上、抗ガン剤による副作用の軽減

2007年に「高濃度ビタミンC点滴療法がガン患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状を改善し、QOL(生活の質)を改善する」という論文が発表されました。現在では多くの医師が高濃度ビタミンC点滴を療法を積極的に導入しております。

高濃度ビタミンC点滴をお勧めする患者様
  • 美白・美肌、肌状態の底上げを求める方
  • 疲れがとれない、寝てもだるさが残る方
  • ストレスが多い方
  • 免疫力を上げたい方
  • 抗ガン剤治療を受けている方
  • ガンに罹ったことがあるが、治った方 など
副作用について

ほとんど副作用のない安全な治療法です。
高濃度ビタミンC点滴療法終了後の数時間は、簡易血糖測定器で測る血糖値が高値になります。これは見かけ上高いだけで、実際の血糖値はもっと低い値になります。したがって自己血糖測定をしてインシュリンの注射量を決めている糖尿病患者ではインシュリンの量に注意しなければなりません。
ビタミンCを過剰に摂取すると尿管結石になりやすいことが知られています。しかし、高濃度ビタミンC点滴療法ではこのような尿管結石は起こしにくいと言われています。

G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方はこの治療を受けることができません。もしこのような病気がある場合は必ず主治医に告げてください。なお、点滴療法研究会会員は、25g~50g以上の高濃度ビタミンC点滴療法を受ける場合に必ずG6PDの検査を実施します。

透析中の腎不全の方はこの治療を受けることはできません。心不全、大量の腹水、強い浮腫のある方は、点滴で水分を血管内に入れることで病状の悪化を来す恐れがあるためにこの治療ができない場合があります。

治療の流れ

ヒアリング

現在の症状や病歴、治療に対してのご希望など詳しくお聞きします。

血液検査

患者様の安全を第一と考え、当院では治療開始前に採血検査を必ず行っております。(費用14,580円)

点滴開始

血液検査の結果がでてから、点滴を開始します。

月に1、2回の継続をお勧めしております。

料金

(税込価格)

治療前血液検査 14,580円
ビタミンC点滴(25g) 8,800円
ページ
トップ